毎月の女性の悩みといえば

心身ともに不調になる生理

生理というのは月に一度必ず来る面倒なことのひとつですね。なにかと行動が制限されるという面だけでなく、精神面や体調面にも作用してしまうことが個人的には面倒だという思いを加速させているように思います。
体調面での作用というのは腹痛や頭痛です。腹痛は下腹部が痛むのに連動して腰のあたりも痛いなと感じるので一日目、二日目は薬が手放せません。また、頭痛も併発するので薬で一緒に抑えています。頭痛持ちということもあり頭痛に対してはある程度耐性がある方だと思うのですが、腹痛はなかなか耐えるのが難しいなと感じます。
しかしそれ以上に厄介なのが精神面での不調です。酷く憂鬱な気持ちになり、ネガティブな思考が止まらなくなるのです。短気にもなりますから周りに迷惑をかけていないか生理が終わった頃に思い返して毎度ヒヤヒヤしてしまうものです。これらの気持ちは生理前に特に強くなるのですが、それは月経前症候群というものなのだとわかってからはいささか気持ちが軽くなったように思います。最近では自分のせいではなくホルモンバランスの都合上しかたがないことなのだと自分に言い聞かせています。
あると面倒だけれども目安にしている頃に来ないとと不安になる、それが生理という存在なのかなと思っています。生理前イライラしたらPMSサプリ

 

生理痛は人それぞれ。付き合い方も人それぞれ

生理痛の痛みは人それぞれで、全く辛くない人もいれば、救急車で運ばれる人もいる、本当に差が激しいものです。
不思議なもので、生理痛の時には家で寝ている時は堪えられない程だと思っていても、外に出てしまえば以外と忘れてしまう、という事もあります。生理痛が心とと密接に関連しているからこそ起こる現象なのかもしれません。
生理に纏わる精神的な問題は、最中よりもむしろ生理前一週間ほどがピークであると思われます。この時期に冷静な判断力を失い、人生の重大な決断を間違ってしまう可能性も否定できません。自分の生理サイクルを把握し、この時期に大きな決断をするのは避けた方が懸命だと思われます。
妊娠、出産を経験した人が口を揃えて言うのは、「子供を産んだら生理痛が軽くなった」と言うものです。これは、育児という試練に立ち向かっている環境で、自分の生理痛にかまけていられなくなったのか、自分よりも子供の事に意識が向いているからなのか。もしそうだとしたら生理痛は本当に精神と深く結び付いているものだということになります。
出産という大きな体験を経て、女性の体は本当に成熟すると言うことかもしれません。いつでも自分の体の声を聞き、閉経が訪れるその日まで自分なりに生理と付き合っていくしかないのです。