毎月の女性の悩みといえば

生理前と生理中の不快な症状

time 2016/11/08

生理前の不快な症状は、感じる時もあればそれほど感じない時もあります。PMS(月経前症候群)が辛いときは、頭やお腹が痛くなったり、お腹がゆるくなったり、気持ち悪くなったり、イライラしてしまったりします。特に、気持ちがイライラするのは厄介です。些細なことで頭にきたり、ちょっとした他人の言動を悪く捉えてしまいます。そして周りの人にきつく当たってしまい、人間関係を悪化させてしまうこともあります。だから、生理前はなるべく人に会わず一人で過ごすようにしています。
また、肌が荒れてニキビができてしまうこともよくあります。生理前はホルモンバランスが崩れやすくなるから、肌も荒れやすいようです。なるべく野菜などビタミンの多い食べ物を摂るようにしています。
生理になるとイライラは消えますが、お腹がとても痛くなります。特にひどいのは生理一日目です。顔面蒼白になり、キリキリと鋭い痛みに襲われます。薬を飲めば少し落ち着きますが、効果が切れるとまた痛み出します。あまりに痛みがひどいときは、横になって過ごすようにしています。
生理痛は体を温めて血行を良くすると改善すると聞いたので、なるべく冷たい飲み物は口にせず温かいものを飲むようにしています。